EMC試験のポイントについて理解すること

ECM試験を構成する要素とは

EMC試験は、ノイズを測ることになるEMIとノイズが入ってきても十分にキチンと動くのか、ということの二つから成立つことになっています。後者なのですがとてもわかりやすくいいますと例えばパソコンをしているときにラジオをつけると乱れることがあるでしょう。それが要するに外部の電波による妨害、障害になります。少なくとも影響を受けるとしてもある程度はやり方次第で防ぐことができますがそもそもどの程度なのか、というのをまずは把握する必要があるわけです。

製品ごとにやり方が違うことになります

ノイズを測りたい製品によって細かく違いがあります。そもそも製品までの距離が違うこともありますし、ノイズの測り方を統一しておかないと力を正確に測ることができないので、これは注意したほうが良いでしょう。当たり前ですが、ほぼ統一された規格がありますから、それに合わせて試験をするのが普通です。また、ECM試験を請け負っている業者が当然ではありますがいますから、そこに任せることが基本となることでしょう。それは悪くないです。

電波の流れ方について

電波、つまりはノイズの元となる物なのですが、キチンと電波で出てくることもありますし、電源線から電流となって放出されてくることもありますし、実は一定ではないのです。機械的にどんな形でノイズを出すのか、ということをよくよく把握していないといまいち上手く試験ができない、というのがネックになっています。例え、専門業者でも製品そのものがどんな方向性で電波が出されているのか、ということから調べないといけないわけです。

電子機械などの製品が、外部、または内部からの妨害波に対し、どれほど耐性を有しているのか測定するのがEMC試験です

PAGE TOP