太陽光発電については

太陽光発電の必要性について

原発事故は世界においては1979年の米国、1986年のソ連、そして2011年の我が国と3度目となります。この機会を契機としてこれからは原発になるべく頼らない方法で行くということは粗方方向付けされることになりました。自然エネルギー利用の発電方法としては水力発電や風力発電、地熱発電、太陽光発電、バイオマス発電、振動を利用したものやその他の方法があります。これらの中で今後中心的な役割を担っているものが太陽光発電とされています。

太陽光発電の利用のされ方は

太陽光発電方法は住宅を新築するときに屋根上に設置されて発電が行われる方法が多くとられています。そして発電して余った電力は電力会社に売電することで自宅の電気使用量を減らせたり、ローンを組んで住宅を建てた場合にはその売電収入から返済金に回すことも出来るとされています。さらには農地においてソーラーシステムのフレームを設置することでここからも太陽光発電が行えるとされていますし、メガソーラーとかギガソーラとかの大規模なものも企業によって行われて来ています。

公共の太陽光発電としては

公共の太陽光発電としては公共建築物の夜間照明にこれが利用される例もみられますし、水処理に利用される例も知られています。あるいは文化センターのような建物の場合は垂直な壁面に設置されたり、福祉センターのようなところでは半透明なガラスに組み込まれて屋根材や建材一体型として利用される例も知られています。パネル自体も半結晶とアモルファスの両面発電型の太陽電池も開発されていてバスターミナルなどの場所で採光も兼ねて使われるケースも知られています。

普段から節約したいと考えている人も中にはいると思います。そんな人は太陽光発電を設置してみると良いです。

PAGE TOP