包茎の種類と治療について

包茎とはどういう状態でしょう

男性には陰部の人には話せない問題の一つに包茎があります。女性との大きな違いであり、女性にはわからない問題の一つです。簡単に言うと男性の亀頭部分が包皮と呼ばれる皮におおわれている状態です。包皮も目的がちゃんとあり、亀頭部分を保護するためにあると言われています。男性が産まれた時は被った状態です。成長するごとに徐々に亀頭部分が露出してくるようになります。しかし、この時の亀頭の成長や皮の状態によって亀頭が出てこない状態で成長が終わってしまう人がいます。日本人の約60パーセントくらいを占めると言われています。

種類はどのようなものがあるでしょう(真性包茎)

一般的には3種類に分けています。3種類の中でも軽度のものから重度のものまであります。種類としては、真性・仮性・嵌頓(かんとん)包茎の3種類です。真性包茎とは、正常時も勃起時にも亀頭部分に皮が被っている状態が続くものです。勃起時に皮を剥ごうとしても、包皮と亀頭部分がくっ付いてしまい剥げず、無理に剥ごうとすると痛みを伴います。性行為においてもうまく及べなくなってしまうケースもあります。日常生活のみならず性生活にも影響があるため、治療は自分ではどうにもできず手術の必要性がある人もいます(すべての人が手術をしなければならないわけではありません)

どんな種類があるでしょう(仮性・嵌頓包茎)

仮性包茎とは、正常時は亀頭に皮が被っているものの、勃起時には皮が剥げる状態のものを言います。勃起時に手で皮を剥いて出てくるもの、正常時に自分で手を使い剥ぐ事が出来るのも特徴です。この場合は治療としては自分で剥ぐという習慣をつければ問題にはなりません。嵌頓包茎は、普段は亀頭を露出する事が出来ますが、勃起時に露出しようとすると、痛みを伴ったり、亀頭が無理に締め付けられる等違和感や痛みを伴ったりします。重度の場合は治療法として手術により少し切開し皮の狭い部分を広げる等の処置をします。3種類のどの場合でも、性生活や痛み等で悩まれていたら病院へ受診される事をお勧めします。

包茎治療は余った包皮を切除するのが一般的な方法ですが、医師の技術力によっては手術跡が残ったり性器の形状が歪になるケースがあります。そのため、信頼できる医師の下で治療を受けることが大切です。

PAGE TOP